高齢者が安心して入居できる有料老人ホームとは

気になる費用を詳しく知りたいなら

手

費用について

住宅型有料老人ホームに入居するとなれば、やはり気になるのは費用についてでしょう。ここは、日常生活に関わるサービスを行なっている福祉施設になるので入るのにお金がもちろん必要です。そのため、どんなところにお金が必要なのか、毎月払う金額はどんな内訳になっているのかを詳しくまとめてみました。これから入居を考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。

READ MORE

おすすめしたい老人ホーム

介護士と老人

超高齢化社会に生まれた福祉施設

現代は、医療技術が発達したことで高齢化社会になってきています。中には、超高齢化社会という人もいます。そんな時代ですから、高齢者のための施設がどんどん充実してきています。その中でも今とても注目されているのは、「住宅型有料老人ホーム」です。ここは、一人暮らしの高齢者の人が安心して暮らせるように設備やサービスを整えてくれています。それに、他の施設とは異なるところもあります。

住宅型有料老人ホームの特徴とは

住宅型有料老人ホームの特徴は、一般的には施設内に介護スタッフが常駐していない老人ホームになります。基本的なサービスは、入居者に食事を提供したり、入居者に何か合った時の緊急時の対応をしてくれたりします。また、日常生活を送るにおいて必要な生活支援サービスも受けることが可能です。それに、施設外の介護や医療サービス業者と契約することが可能になっています。そうすれば、施設にいながら介護医療のサービスをうけることができます。

娯楽設備も整っているから楽しい

高齢者が入居できる施設のほとんどは、趣味を楽しめるようになっています。住宅型有料老人ホームにも勿論あり、カラオケルームや麻雀卓なども用意されています。他にも、囲碁や将棋などといった趣味を楽しめるようなものも用意されています。ですから、一人で入居したとしても新しい知り合いや友人ができて一緒に時間を過ごせるようになっています。あまり人との交流が苦手な人でも、スタッフの力を借りて中に入ることができるので大丈夫でしょう。

入居条件を確認してから手続きを

住宅型有料老人ホームは、日常的な生活支援サービスを受けられるので条件があります。また、施設によって条件が異なります。しかし、共通している入居条件があり、それは「60歳以上の高齢者」というものです。また、基本的には共同生活となるので「共同生活に馴染めるかどうか」というのも条件に入っているでしょう。生活レベルに関しては、自立している高齢者の方から要介護の高齢者の方まで入居できます。ただ、施設によって生活レベルで受け入れられる人が異なるので事前に確認しておきましょう。

レクリエーションが盛んな施設もある

レクリエーションを楽しみたいという希望があるのなら、こういった活動を積極的に行なっている住宅型有料老人ホームに入りましょう。レクリエーションがあるところは、お花見やクリスマスのイベントごとを開催していたり、手芸や囲碁などのサークル活動があったりします。こうしたレクリエーションに参加することは、ボケ防止にも繋がります。ですから、積極的に周りの人たちとコミュニケーションをとってほしいと思っているのなら、こういった活動に力を入れている施設を探してみてください。

気になることは先に調べておこう

今後の老後生活を安心して過ごせるようにするには、やっぱり設備などが充実しているところが良いと思うでしょう。しかし、初めて入居するのだから具体的にどのような設備があるのかわからないですよね。それに、今は介護が必要じゃないけど将来的にそうなりそうと思った時に、介護のサービスは受けられるのか気になるところだと思います。そういった人に向けて、気になる疑問を下記にまとめてみました。

住宅型有料老人ホームの気になること

個室なの?それとも相部屋になるの?

住宅型有料老人ホームは、まだまだ元気な高齢者の方が入居することが多いので部屋の種類が豊富です。中には、夫婦で入居する人もいることから夫婦用の部屋を用意している施設もあります。ですから、比較的にこれまでの生活空間と変わりない感じで生活を送ることができます。ただ、相部屋の場合は面識がない人と同室になる可能性があるので、事前にどういった人と一緒の部屋になるのか確認しておきましょう。

広さはどれぐらい?食事とかはどこでとるの?

広さは、大体13㎡以上になります。住宅型有料老人ホームの中には、部屋の中にキッチンがあるところもありますが、基本的に食堂やリビングが共同スペースになっています。また、高級施設であればレストランが設置されていることもあり、各自で好きな時間に食事することができます。入居する前に食事する環境がどういった感じになっているのか確認しておいたほうがいいかもしれません。

トイレやお風呂はどうなる?

トイレやお風呂は、施設によって異なります、居室内にあることもあれば共有スペースになっていることもあります。また、介護に力を入れているところだったら寝たきりの状態でも入浴できる機械式の浴槽を設置していることもあります。トイレやお風呂は、人と同じだと嫌だという人もいますので、住宅型有料老人ホームに入る前にどういった設備になっているのか確認しておくことをおすすめします。

広告募集中